menu
menu

土壌分析

健康な土づくりをはじめませんか?

良好な生育の第一歩は、土の健康状態を把握することから始めよう。そこから、適切な施肥設計や生育不良などの課題を解決することができます。

 

株式会社VEQTAでは、大学発のベンチャーである強み活かし、専門家による有機栽培・作物に呼応した土壌分析・診断・改善指導を実現します。

 

40_txt01

土壌分析は、作物つくりの土壌の物理性、生物性、化学性のどこに課題があるかを絞り込んでいくことにあります。作物の収量・品質が思う ように良くならない、といった課題に直面したとき、その原因が土壌中の養分の過不足・土壌病原菌、それとも物理性の悪化が問題なのか、何かを突き止めなけ ればなりません。そこで、想定される原因を探り、課題だった問題を解決に導いていきます。化学性に問題がなければ、物理性か生物性に問題があると絞り込む ことができます。

dojoubunseki

化学性分析

pHやECはもちろん、窒素、リン酸、カリなど作物に必要な栄養素の量を分析します。土の栄養状態を把握することで、適切な施肥設計や生育不良などの課題を解決することができます。

 

生物性分析

土壌微生物バランスや有害線虫の分析を行います。土壌微生物の分析により、病害への適切な対策を行うことができます。

 

物理性診断

生育における課題の多くは物理性の改善で解決することができると言われています。物理性診断では検土杖による土層の分析や硬盤の有無、排水性などの診断を行い、適切な作業の提案を行います。

 

●化学性・物理性・生物性分析の3要素の分析項目を揃えました。この3要素の分析結果から、総合的に土壌を診断いたします。各項目で料金は異なります。ご依頼の際にお問い合わせください。

 

40_txt02

土壌分析後、分析内容と改善策をご提示します。

採取したサンプルの土を当社へ宅急便等で送ってください。
※発送費用は、お客様にてご負担をお願い致します。※土壌分析は、お振込確認後に開始させて頂きます。

1.化学性分析 3,000円~(税別)(検査期間/通常10日)
一般分析… pH、有効態りん酸、カルシウム・マグネシウム・カリウム(交換性含量)、腐植含量、土性、仮比重、塩基置換容量(CEC)、りん酸吸収係数、石灰飽和度、塩基飽和度
微量要素… 銅、亜鉛、マンガン、ほう素、熱水抽出性窒素
窒素分析… アンモニア態窒素、硝酸態窒素、全窒素
炭素分析… 全炭素
2.物理性分析 4,000円~(税別)(検査期間/通常10日)
三相分布…気相率、液相率、固相率、重力水孔隙率、易有効水分孔隙率、容積重
飽和透水係数…飽和透水係数
粒径組成…粒径組成
3.生物性分析 5,000円~(税別)(検査期間/通常10日)
微生物活性…α-グルコシダーゼ活性
病害虫検診…バーティシリウム(PCR法・篩分け法)、馬鈴しょそうか病、ナガイモウイルス検定
線虫検診…キタネグサレセンチュウ、キタネコブセンチュウ、ジャガイモシストセンチュウ
 
40_txt03
土壌分析

土壌分析することによっての効果

40_kouka_txt

 

40_txt04

採ったままの土を1カ所あたり100gを5カ所から7カ所から、厚てのビニール袋に入れて、水分が飛ばないようにしっかり口を縛って、段ボール箱に入れ て宅急便で送ってください。 お問い合せ後、事前に問診票をお渡ししていますので、その問診表の記載を完了後、段ボールに一緒に入れて送ってください。 (発送費用はお客様負担にてお願いします)

 

inqbtn30

▲ページの先頭へ戻る