menu
menu

超小型豚の外貌

MMP_Icon150817 HyperMicropig20

 

動物実験や病体モデル作製ならびに再生医療用超小型豚 富士農場サービス提供 成体重10kg以下
成長曲線:(準備中)画面をクリックすると成長曲線が表示されます。

食肉家畜豚から育成された超小型豚で、毒性試験はじめ病態モデルの作製、生理生化学あるいは分子生物学実験などに使えます。 iPS細胞やES細胞などの 万能細胞を用いた移植用臓器作製などの再生医療にもむいており、現在研究が進められています。 サイズが10kg以下:ビーグル犬並みかそれより小型で す。 近年、猿やビーグル犬を実験動物として使用することを禁止あるいは制限する方向にありますが、この超小型豚は食肉用豚の系統であるため使用しやすい というメリットがあります。 移植臓器や組織作製における再生医療の分野においては、極めて貴重な医療動物として使用が可能です。 /
 パンフレットは準備中ですー>MMP_Icon150817

 

 

 

株式会社ベクタが販売する実験用超小型豚にはすべて遺伝子型証明と遺伝子系統証明書が付いています。

次に、通常の豚(Normal pig: 大ヨークシャー、ミニ豚(MP)、超小型豚の成体の大きさを比較してみました:,ー最新データーを準備中です。

 

 

関連サイト: 豚の遺伝系統と遺伝子系統判別  分子細胞生物学の世界The world of Molecular Cell Biology

▲ページの先頭へ戻る