親子判定

犬・猫の親子判定とは

親子関係をつかんでおきたい場合に必要な検査となっております。

片方の親だけでは精度が落ちてしまうため、この検査では、父・母・子の3検体が必要となります。
どうしても片方の親の検体しかご準備できない場合はご相談ください。
また、検査結果は「親子判定が否定されない」か「親子判定が否定される」というご報告となります。
こういったDNA親子判定検査は、100%に近いところまでの関係は検査によって判定されますが、
100%親子であると断定できないのが現状です。
以上のことをご確認の上、お申し込みいただけたらと思います。

犬・猫の親子判定とは
  • 血液
  • 口腔粘膜(食前が望ましい)
  • 太く毛根の残った抜いた毛(抜け落ちた毛・切った毛などは検査不可)

これらの材料から、DNAレベルで親子判定を行います。