menu
menu

遺伝子型判定のサービス内容

遺伝子型判定の種類

1.遺伝子型判定/個体ID化(9-10染色体マーカー)…1検体6,500円 – 9検体まで(外税)
※10検体以上は見積もりします。お問い合わせください。

2.ムレ肉因子判定…2,000円(外税)〜

3.染色体判別/個体・1染色体当たり…3,500円(外税)〜

4.優良形質のQTL分析(優良形質の判定)…1検体2,500円(外税)〜
※ムレ肉判定付き遺伝子型判定:9検体まで1検体8,500円 (外税) 、10検体以上はお見積もりいたします。お問い合わせ下さい。

5.分析結果解析レポート作成…系統解析、比較、所見など1検体当たり500円(外税)

 

遺伝子型判定導入の狙いと期待される効果

1.豚種系統を更新する際に当判定により、高精度(99%以上)に系統分析を行い、多産系/安産系など生産性改善を含め科学的指標に基づく育成と管理が行えます。

 

2.個体の遺伝子情報を記録することで受精時における掛け合わせの誤り、有害な近親交配を回避し、むれ肉などの肉質及び生産効率低下の防御・早期発見/放棄淘汰を科学的に実施出来ます。

 

3.育成中の豚(資産)の系統を計画的に改善し、生産性のみならず食味を加えたブランド肉化を進めることが可能になります。

pig_pyllogeny01

 

4.個体識別(ID化)により、繁殖−生産−加工−流通を通じた豚(製品)品質の紐付け(トレーサビリティ)が確立され、品質管理の精度向上による信頼性と他事業者への差別化を進められます。

 

5.これらのトレーサビリティ確立により、販売店様では、豚肉の安全・品質・食味を強くアピールすることができ、付加価値向上につながります。

pig-img1

 

6.高級豚肉には、産親だけでなく出荷個体個々に遺伝子型情報(遺伝子タグ)付けることでブランド肉の絶対的証明になります。

 

分析用試料と納期

細胞試料/毛根(引き抜いた毛)・耳片(誕生直後の耳標パンチ時)、血液、精液、細胞試料は冷凍便(毛根は冷蔵便可)、豚肉(冷蔵または冷凍)の遺伝子型分析や個体判定もできます。分析依頼状(WEB よりダウンロード)と試料番号と簡単な内容、親子判定の場合は、親と子の候補を指定してください。 

納期/試料を受領した翌日から実働7〜10日が標準。サービス内容によっては、これより長くいただく場合がございます。お問い合わせ下さい。

お申込みフォーム

 

▲ページの先頭へ戻る